[解体新書]D&AD Copy Book

[解体新書]D&AD Copy Book

Pocket

TASCHENが紙と同様、すごい勢いでアート系の書籍を出しています。

アート系はまたの機会に紹介するとして、今回はコピーライティングの書籍を。

cover225x225

TASCHENの書籍は(おそらくすべて)iBookAuthorでつくらているようです。
・「売るほど積もっている素材」をいち早く電子化すること
・フォーマットを統一すること
・カタログとしての価値を極力損なわないこと(検索性など)
・画像などのメディアとテキストの関連を極力わかりやすくプレゼンテーションすること
を考えたときに、iBooksAuthorでの制作という解は正しいように思えます

表紙
Screenshot_2_19_15__19_48

前書きの後には、書籍の使い方(?)の説明。
Screenshot_2_19_15__20_26

コピーライターごとの章立てになっており
Screenshot_2_19_15__20_30Screenshot_2_19_15__20_40

テキストと、画像素材が丁寧に配置されています
Screenshot_2_19_15__20_29

広告の場合、同じ広告で複数バリエーションが制作されることがありますが、そちらをスライドショーで切り替えて見られるようになっています。
Screenshot_2_19_15__20_32

各素材をタップすると拡大し、下部にクライアントや制作年などのメタ情報が表示されます
Screenshot_2_19_15__20_29 2

こんな広告の書籍らしいお遊びも。
Screenshot_2_19_15__20_58
よくある画像を貼り付けただけの「カタログ本」(ギネスブックとかはそれですね)だとできないですね。(やってもおもしろさが伝わらない)

見開きを丸々使って広告のシンプルで力強いクリエイティブを強調。
Screenshot_2_19_15__20_41
紙の書籍ではのどが邪魔でできない表現。

159ページ(紙だと318ページ相当)の大ボリューム。
Screenshot_2_19_15__20_45
テキストの読みやすさ、iBookAuthorのインタラクションの使い方、等々とても参考になる書籍。
さすが D&ADとTASCHENの共同作業。

Comments

comments